書類がなければ廃車にできない!必要なのには意味がある

共通して用意すべきもの

廃車にするために必要不可欠なものとして、顔写真の付いている本人証明書や外国籍の方ならパスポートが要ります。他にも、近年テレビで話題になっているマイナンバーカードも有効ですので、市役所で手続きをしておくといいでしょう。

不用品はすぐに撤去

自宅に古びた電化製品があるけれど、なかなか自分で運んで捨てることができないのであれば、不用品回収を利用するといいでしょう。依頼をすると1~2人の作業員が自宅まで来て持ち帰ってくれるので、持ち運びの負担がかかることはありません。

専門店のしおり

玩具の車を持つ人

流れを知っておこう「車を買取して現金をゲット」

車の買取を主軸としているお店は日本にも増えてきていますが、業者によって値段が前後することがあります。ですので、少しでも高額で売りたいと考えているのであれば、査定をしてもらい、比較することから始めるといいでしょう。

READ MORE
軽トラ

優良業者の選び方

生活をしていたら、日常的に不用品が出てしまうのは仕方のないことです。しかし、それを放置していても片付くことはないので、不用品回収の専門業者に依頼するといいでしょう。そして、こちらではお店の選び方を紹介しています。

READ MORE

お店で依頼する方法

永久抹消登録

永久抹消登録はマイカーを既に解体していたり、地震や洪水で故障した自動車を処分する時に行ないます。そして、専門業者に依頼する際には、所有者の印鑑証明書、委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号を揃えておくといいでしょう。

一時抹消登録

用意するべき書類は、上記とほとんど同じですが、印鑑証明書は発行から3カ月以内であったり、ナンバープレートは裏と表がハッキリ掲載されているもの2枚が必要になってくるので、忘れないように明示するといいでしょう。

解体届け出

解体届け出には、所有者の押印がしっかり押されている委任状や、登録識別情報等の通知書、移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書きなどがあるのです。1つでも欠けてしまうと処分することができないので、注意しましょう。

廃車に必要な書類をチェック~しかるべき処置の取り方~

メンズ

お店によって趣旨が変わる

車やバイクを持っていて長年乗っていると寿命がきたり、事故で破損して乗れない状態になったりしてしまったりすることがあります。そういった場合でも、所持していると税金を支払う羽目になってしまうので、それぞれの専門業者に依頼してきちんと処分するようにするといいでしょう。例えば、マイカーであれば、廃車の買取専門店へ依頼し、バイクであればバイク廃車が可能なお店に問い合わせるてみましょう。そして、お店によっては料金がまちまちになっているので、少しでもお得に手放したいのであれば、査定をしてもらうといいでしょう。そして、査定は1社だけに絞るのではなく、複数の会社から系統を取ることによって、相場を見出すことができ、損することなく車を片付けることが可能になるのです。また、廃車を処分する際には必要な処理があるので、上記を参照するとスムーズに始末することができるでしょう。

適切な処理をすることが大切

家庭や会社で出るゴミをそのまま指定された場所以外のところに捨ててしまうと、罪に問われてしまうこともあり得ます。ですので、所有者の責任として、専門業者に依頼して正しく破棄するといいでしょう。特に、冷蔵庫やエアコン、テレビといったものは通常のゴミ収集車で運ぶことができないので、静岡に住んでいるのなら、そちらの市役所や個人で営んでいる不用品回収業者に電話で依頼することによって、処理することが可能になっています。

広告募集中